ひとみの一歩

世界一周に向けて準備中!旅について、オススメのもの、独り言を書いてます。

時間があったら行って欲しい!「献血」のススメ

f:id:kinoko36:20190519174047p:plain


 

 

こんにちは、ひとみです。

 

皆さん、献血って行ったことありますか?

 

献血っていうと

”なんか大変そう”

”めんどくさそう”

”痛いし、怖い”

っていうイメージを持っていると思います。

 

しかし、全然そんなことないんです!

(針を刺すのはかわりないので、

痛くないといえば嘘になるかもだけど…)

 

今回は、献血についての紹介や

わたしが行った献血の体験レポートを

書いていきたいと思います。

 

少しでも「献血」に興味を持ってもらえたら

嬉しい…!!!!

 

 

献血ってなんで必要なの?

まずはここから。

献血は、治療や手術などで輸血を必要としている患者さんのために

健康な人が自分の血液を提供するものです。

 

日本赤十字社のホームページには、

日本国内では、1日あたり約3,000人の患者さんが輸血を受けていると言われています。
現在、輸血に使用する血液は、まだ人工的に造ることができず、長期保存することもできません。

 との記述がある通り、多くの方が献血を必要としています。

献血の種類や流れ

種類

全血(400ml・200ml):名前の通り、血をそのまま抜くもの。

成分献血:血小板と血漿のみを抜くもの。一度血を抜いたら、

必要な成分だけを採って、残った赤血球は再び体内に戻します。

 

献血できる場所

献血できる場所は、大きく分けて2種類。

献血センターと献血バスです。

 

日本赤十字社のHPから、

献血センターやバスの場所を検索できます。

献血する|日本赤十字社

 

特徴としてはこんな感じ!

献血センター】

・全血・成分献血のどちらも可能

・休憩スペースがあり、フリー自販機も常備

・Free WiFiや電源スペースなど快適空間

・場所が限られており、各市町村にあるとは限らない

 

献血バス】

・ショッピングモールや学校、市役所など

 身近なところで献血ができる

・基本的に全血(400ml)のみ

・毎日、各都道府県のいくつかの場所に来ている

 

献血の流れ

①カウンターで受付

受付に、「献血カード」を出して、

ロッカーに荷物を預けて待ちます。

 

②簡単な質問に答える

タッチパネルで、健康状態についての

質問に答えていきます。

大体3分くらいで回答できます。

 

③問診・血圧測定

②の回答に基づき、先生から問診を受けます。

また血圧計を使って、血圧測定も行います。

 

④ヘモグロビン濃度測定

ヘモグロビン濃度が基準値に達しているか、

検査を行います。

検査結果によっては、

全血を希望していても成分献血しかできなかったり

献血自体ができない場合もあります。

 

わたしの場合は、

過去に何度かヘモグロビン濃度が足りず、

全血→成分に変更したことが何度かあります… 

 

⑤採血

④の測定結果が問題なければ、

実際に採血になります。

全血なら10〜15分、成分献血なら40〜90分程度

時間がかかります。

 

献血に行ってきました!

今回の献血ルーム 

今回わたしが行ったのは、

名古屋のタカシマヤゲートタワーにある

「ゲートタワー26」という献血ルームです。

 

f:id:kinoko36:20190429145848j:image

 

こちらの献血ルーム、なんと日本一の高さ。

”日本一”って東京にあるイメージだけど、

愛知にあった。拍手!!\(^o^)/

 

f:id:kinoko36:20190429145908j:image

日本一の高さということで、

窓からはとても素敵な景色が。

(曇っているのが、残念…)

 

このゲートタワーの目の前には

大きいビルが無いので

かなり遠くまで見渡すことができます。


f:id:kinoko36:20190429145852j:image

 

早速、受付へ

献血ルームに着いたら、

受付に「献血カード」を提出します。

(初めて行かれる方は、その旨をスタッフの方に

伝えてください。献血が終わったら発行してもらえます♪)

 

受付で「全血か成分献血のどちらにしますか?」と聞かれたので

「全血希望です」と伝えました。

f:id:kinoko36:20190429145857j:image

 

荷物をロッカーに預けて、名前が呼ばれるまで待ちます。

待っている間は、テレビを見たり、

本を読んだり、携帯を触ったり。

f:id:kinoko36:20190429151431j:image

 

問診〜ヘモグロビン検査

簡単な問診を受けます。

問診や血圧検査、ヘモグロビン検査を行いました。

 

 ヘモグロビン検査の結果…

 数値が足りず、全血献血が不可能に。

時間があったし、せっかく来たので、

この日は成分献血に変更して実施してもらいました。

 

そしていざ、献血

あ、針が刺さるとき、普通に痛いです。笑

(こんなこと言うと怖いなって思っちゃうかもしれませんが)

予防接種の時よりも少し太い針です。

 

針を刺すときはチクっと痛いけど、

そのあとはすぐ慣れるので大丈夫

 

必要分の成分が採れたら、献血は終了です。

(この日は途中で眠くなって来てしまって、

90分くらい時間がかかってしまいました。

献血中に寝てしまうと、血流が遅くなって

献血のスピードが遅くなってしまうんだとか。)

 

休憩後はゆっくり休む

終了後は、

「10分以上の休憩をして、水分をしっかり取ってください」と

言われますので、献血ルームでゆっくり過ごします。

 

献血後にいただいたものがこちら↓

f:id:kinoko36:20190429151422j:image

 

わたしにとって献血後の楽しみでもある、

このお菓子タイム

場所によっては、

いろいろなお菓子が置いてあって自由に食べることができたり、

アイスクリームの自販機もあったりするらしいです。

 

ゲートタワー26は、

焼き菓子の中から1つ選ぶことができました。

 

無料Wi-Fiもあるので、パソコンしたり

動画見たりしている人がたくさんいます。


f:id:kinoko36:20190429145903j:image

 

献血ができない人もいるので、注意!

誰でも献血できるとお伝えしていますが、

下記条件に当てはまる人は献血ができません。

・当日、体調不良や服薬中の方

・3日以内に出血を伴う歯科治療をした方

・一定期間内に予防接種を受けた方

・6ヶ月以内にピアスを空けたりタトゥーを入れた方

・特定の病気にかかったことがある方

・授乳中の方 など…

 

海外から帰国後、4週間は献血できないので、

旅行予定がある方は出発前に行った方がいいかも!

(わたしも海外旅行前に必ず行ってます)

 

献血をご遠慮いただく場合|献血の流れについて|献血する|日本赤十字社

↑詳しくはこちらをご覧ください! 

気軽にできる、無料のボランティア

献血ってみんなが思っている以上に、

時間さえあれば気軽にできるボランティアだと

思います。

 

近年は、10代〜30代の方の献血協力者の数は、

ここ10年で35%も減少しているそうです。

このまま減り続けると、

将来もし自分が手術で輸血を必要としたときに

輸血が足りなくて命の危険にさらされてしまうかもしれません。

 

お金がかかるのはちょっと…と思われる方や、

ボランティアに行くのが難しい人は

是非一度、献血に行ってみて欲しいです。

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

ランキングに参加していますので、

クリックしてもらえると嬉しいです!