ひとみの一歩

世界一周に向けて準備中!旅について、オススメのもの、独り言を書いてます。

【日本:長崎③】いざ、軍艦島へ!!

 

こんばんは、きのこです。

9月15〜17日に、

家族で長崎旅行に行ってきました!

(早く書かないと遠い昔になっちゃう!笑)

前回のつづき。

前の記事はこちら↓↓

 

 

kinokoadventure.hatenablog.com

  

 

 9月16日(日)    

 

2日目は、長崎市内観光です。

ホテルを出て、まず向かったのは大浦天主堂

 

f:id:kinoko36:20180926012815j:image

 

ここは、2018年7月に世界遺産登録された

"長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産"の1つ。行けてよかった〜〜〜!!

この教会は、江戸時代末期に建てられ、

木造ゴシック様式の教会の中では最古のもの(明治時代に改修されてるよ!)。


f:id:kinoko36:20180926012821j:image

 

写真は、信徒発見レリーフ

江戸時代に、キリスト教が「禁教」とされ、九州にいたカトリック信徒は『隠れキリシタン』として迫害されました。厳しい禁教令と宣教師がいないという状況が250年もあったにも関わらず、キリシタンの子孫たちが密かに信仰を守って行きました。

そして明治維新直前の1865年3月17日、堂内で祈りを捧げていたプティジャン神父に、

浦上の潜伏キリシタン15人が「ワタシノムネ、アナタトオナジ」と伝え、自分たちがキリスト教徒であることを告白したのです。

 

この大事件は、今でも「東洋の奇跡」と呼ぶ人もいるのだとか。

 

f:id:kinoko36:20180926204600j:image

 

 

次は、グラバー園

入場料510円を払って入ります。

 

ここは、日本の近代化に貢献した西洋人の旧宅など、

9棟の洋風建築物が見学できます。

 
f:id:kinoko36:20180926205601j:image

 

下の写真↓の男性が、トーマス・B・グラバーさん。

スコットランド出身で、安政の開港と同時に来日し、3年後にグラバー商会を設立。

小菅修船所を建設したり、佐賀藩と共に高島炭坑を開設したりと、

日本の近代化に尽力しました。

また、現在のキリンビールの前身となる「ジャパン・ブルワリー・カンパニー」の

創設に携わっています。

 

数々の業績を残したグラバーさん。

一言で表すなら「できる男」。


f:id:kinoko36:20180926203938j:image

 

そしてこちらが、「旧グラバー住宅」

明治日本の産業革命遺産 製鉄・製銅、造船、石炭産業”(2015年7月登録)の

構成遺産の一つです。

外観は伝統的な日本瓦と土壁、室内は典型的な西洋風で、

日本に住んだ外国の方ならでは造りだなあと思いました。


f:id:kinoko36:20180926204538j:image

 

園内には、「自由亭喫茶室」というレストハウスもあります。

ここはもともと別の場所にありましたが、現在は移転復元され園内に移りました。

「自由亭」は、草野丈吉という日本人シェフによる初の西洋料理店です。


f:id:kinoko36:20180926204523j:image

 

旧グラバー住宅のすぐそばからは、長崎港がとてもよく見えます。

造船所もしっかり見えるし、とっても素敵なスポットです!!


f:id:kinoko36:20180926204949j:image

 

 

そして!

そして!

そして!

 

 

軍艦島ツアー」のお時間です♡

 


f:id:kinoko36:20180926203928j:image

 

集合時間までまだ時間があったので、

軍艦島のガンショーくんの顔はめパネルで遊んでました。

ちなみに、十数人ほど近くにいましたが、誰も写真撮ってませんでした!笑

 

軍艦島の上陸ツアーは、全部で5社ありますが、

今回、参加させていただくのは、

シーマン商会軍艦島クルーズです。

軍艦島ツアー|軍艦島上陸・周遊|シーマン商会

 

この会社を選んだ理由としては…

・説明してくれる方が、実際に軍艦島に住んでいた方

・他の会社よりお値段が安め

・プレゼントがある

 こんな感じ!

 

乗船料 3,900円(Webクーポンで300円OFF)

上陸料    300円

⇒⇒1人  4,200円(私たちはクーポンで3,900円)

 

軍艦島へは約1時間ほどで到着しますが、波が高めの時はかなり揺れます。

私の家族や周りの人は、船酔いしている人もいたので、

少しでも心配な人は、酔い止めを飲んでくることをお勧めします!


f:id:kinoko36:20180926204956j:image

 

上の写真↑は出発してすぐ見える造船所の写真です。

写真だと大きさが分かりにくいのですが、

真ん中の三菱のマーク、あれだけでテニスコート1面分あるらしい…

また柱と柱の間は、軍艦島とほぼ同じ幅らしいです!

 

明治日本の産業革命遺産 製鉄・製銅、造船、石炭産業”の構成遺産の一つ、

軍艦島の本当の名前は端島(炭坑)」です。

 

もともとはただの岩礁だった島ですが、

文化7(1810)年に石炭が発見されて明治23(1890)年に三菱が買収後、

本格的海底炭坑として大きな変貌を遂げました。

出炭量が増加するにつれ人口も増え、最盛期には約5,300人が住んでいました。

(なんと、当時の東京都の約9倍の人口密度だったとか)

 

エネルギー革命により、出炭量も人口も増え、昭和49(1974)年に閉山。

その3ヶ月後には、無人島となりました。


f:id:kinoko36:20180926203944j:image

 


f:id:kinoko36:20180926204530j:image

 

波に揺られて1時間。

 

ついに、到着!!!!

ずっと、憧れてた軍艦島をついに自分の目で見れた!

 

興奮していると、船内放送が。

 

 

「本日は、波が高いため、上陸不可と判断いたしました。

 軍艦島の周遊のみとさせていただきます。」

 

 

 

まじか!!!!!( ;∀;)

 

 

この日は波が高く、本来上陸する部分にも波が来てしまったようです。

自然には逆らえない…

仕方ない!気を取り直して、写真撮影だ!!


f:id:kinoko36:20180926205109j:image
f:id:kinoko36:20180926205010j:image
f:id:kinoko36:20180926204553j:image

 

ぐるっと1周ほど回って、軍艦島とはお別れです。

 

軍艦島への上陸料は、返金されました!

(チケットは回収されてしまうので、記念に写真を。笑)


f:id:kinoko36:20180926205003j:image

 

帰りの船の中で、

軍艦島上陸記念証明書(上陸していないけど)

・本物の石炭(飛行機には持ち込めないです)

・冷たいおしぼり

をいただきました!


f:id:kinoko36:20180926205713j:image
f:id:kinoko36:20180926205101j:image

 

今回、上陸出来なかったので、代わりに高島へ上陸。

高島にも高島炭坑があり、軍艦島同様、世界遺産に登録されていますが、

現在も700人ほどの島民が暮らしています。

ツアーでは、石炭資料館を見学しました。

 

日本の水浴場88選に選ばれるほどの綺麗な水。

こんなに透き通った海、愛知じゃ絶対見られない(T . T)

 

高島に寄った後は、乗り場に戻って来て解散です。

今回、上陸出来なかったのがとても残念、

絶対リベンジする!!!と心に誓いました。

 


f:id:kinoko36:20180926205049j:image

 

お昼をまともに食べていなかったので、早めの夕食に。

 

軍艦島クルーズの近くの駅から1駅となりに行ったとこにあるのが、

ちゃんぽんと皿うどんの元祖四海樓です。

レストランは5階で、1階はお土産コーナー、2階にはミュージアムがありました。

 

ここ、超有名店なので、開店1時間前には並んでました。

(私たちは開店1時間前に並んで、2組目でした)

行きたいなって方は、早めに行った方がいいです!

 

私たちが注文したのは、

・ちゃんぽん

皿うどん

・チャーハン

・エビチリ

・餃子      以上5品を4人でシェア。

 

ちゃんぽんは、スープのコクが深くてとっても美味しかったーー!!

麺はもちろん、スープ飲み切れちゃいます。


f:id:kinoko36:20180926203951j:image

 

 

お腹いっぱいになって、ホテルに戻る途中見つけたのが、

教科書でおなじみの「出島」

 

街中に突然現れて、こんなとこだっけ?と疑問をいっぱい浮かべながら

せっかくだからということで行って来ました。

 

入場料510円を払って入ると、当時の建物がずらり!


f:id:kinoko36:20180926205115j:image
f:id:kinoko36:20180926205055j:image

 

出島は、出来た当初は、教科書のように扇型をしていました。

しかし、明治18(1885)年の中島川の変流工事によって出島の北側が削られ、

明治30(1897)年から始まった長崎港湾改良工事によって

出島の南側を中心に埋め立てが進み、出島は陸続きとなってしまったようです。

 

現在ある出島は、60年前から長崎市が着工している復元事業によるものです。


f:id:kinoko36:20180926204545j:image

 

建物内を見てみると、

畳に、可愛い壁紙と洋風の家具。

シャンデリアのある部屋なんかもありましたが、マッチしてて素敵でした。

 

 

2日目の夜は、稲佐山山頂展望台」からのナイトビュー!

山頂までの行き方は、この三種類↓。

①路線バス+ロープウェイ

②タクシー

③車

 

私たちが選んだのは①。

と行っても、ホテルがロープウェイ乗り場から近かったので

行きは乗り場まで徒歩、帰りはタクシーでした。


f:id:kinoko36:20180926205017j:image

 

長崎の夜景は、最近「世界新三大夜景」に選ばれたようです。

”1000万ドルの夜景”と言われるだけあって、まるで光の海!

ここからは大浦天主堂や長崎美術館、風頭公園なども見ることができます。

 

ちなみに「世界新三大夜景」の残りの二つは、モナコと香港。

制覇には時間がかかりそうです…

 

あっという間に2日目も終了。

疲れていたのか、

ホテルに戻った途端あっという間に寝てしまいました。

 

 

                       → → → つづく

   

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加していますので、クリックしていただけると嬉しいです★