ひとみの一歩

世界一周に向けて準備中!旅について、オススメのもの、独り言を書いてます。

【日本:長崎①】戦争を改めて感じた日

 

 こんばんは、きのこです。

 この3連休、家族で長崎旅行に行って来ました。

 

 (国内ですが)初めての旅ブログということで、緊張しております。

 どうかお許しを…( ;  ; )

 

 

 

 9月15日(土)

 

朝、4時に起きて5時半に地元の駅を出発。

6:45の豊橋発で名古屋に。

そこから博多経由で長崎に行きました。

着いたのは、13時前。

 

まずはホテルに行って荷物を預けます。

今回泊まるホテルはこちら!!

【公式】ザ・ホテル長崎BWプレミアコレクション(旧ベストウェスタンプレミアホテル長崎)|ご宿泊予約・観光・結婚式場・会議室

 

想像以上に綺麗で驚いた!

ホテルのランクは上げていないけど、すごく綺麗なホテルでした。

 

 

そのあと、まず、長崎原爆資料館へ。

入館料は200円です。

 

f:id:kinoko36:20180917175704j:image

 

1945年8月9日、

広島に次いで二番目に原爆が落とされた場所。

原爆っていうと広島を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、長崎のことも一緒に思い浮かべてほしい。

長崎の爆弾の威力は、広島の1.5倍だったとのこと。

長崎市の人口の3分の1の命が一瞬にして消えました。

 

f:id:kinoko36:20180917175827j:image

 

資料館には、爆弾の模型や人々が使っていた生活用品が飾ってあったり、とっても痛ましい映像が流れていました。

入った瞬間の雰囲気に、思わず泣きそうに。

  

f:id:kinoko36:20180917175914j:image

 

私の中では、戦争は遠い昔のことで、教科書程度の情報しかありませんでした。

どうしても軽く考えてします。こんな時があったんだなあーって。

上手く言えないけど、もっと戦争について、平和について、真剣に考えないといけないなって思いました。

 

 

その後に向かったのは、平和公園

 

f:id:kinoko36:20180917180353j:image

 

ここにはあの有名な「平和記念碑」があります。

作者は長崎出身の彫刻家、北村西望(きたむらせいぼう)。

天を指差す右手は原爆の脅威を、水平に伸ばした左手は世界の平和を、

閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈っています。

 


f:id:kinoko36:20180917180345j:image

 

小高い丘の上にある公園なので、とっても素敵な眺めでした。


f:id:kinoko36:20180917180331j:image

 

平和の象徴である鳩と鶴の羽ばたきをモチーフにしてる「平和の泉」


f:id:kinoko36:20180917180349j:image

 

のどが渇いてたませんでした

水にはあぶらのようなものが

一面に浮いていました

どうしても水が欲しくて

とうとうあぶらの浮いたまま飲みました

 

ーあの日のある少女の手記からー

 

 

被曝し、水を求めて苦しんだ少女の手記が刻まれています。

 

 

次に向かったのは、「原爆落下中心地」

 

f:id:kinoko36:20180917195626j:image

 

長崎に落とされた爆弾は、この場所の地上500メートルで爆発。

現在、その地点には黒御影石の石柱が建てられています。

この石柱前の原爆殉難者奉安箱には、原爆死没名簿をマイクロフィルム化したものが

収められているそうです。

 


f:id:kinoko36:20180917195623j:image


 

午後からは、ハウステンボスに向かいます。

                       → → → つづく

   

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加していますので、クリックしていただけると嬉しいです★