ひとみの一歩

世界一周に向けて準備中!旅について、オススメのもの、独り言を書いてます。

「これを読んで旅に出よ」旅好きな私のおすすめ本5選

 

こんばんは、きのこです。

 

お盆が終わり、さあ仕事だ頑張ろうと思っていた矢先、

夏風邪を引きました。

大人になってからの風邪を舐めてました、辛い〜( ;  ; )

みなさん、風邪には気をつけて!

 

 

 

kinokoadventure.hatenablog.com

 

以前、おすすすめ映画をご紹介しましたが↑↑

もうすぐ読書の秋が近づいているとのことでしたので、

おすすめの本を紹介したいと思います。

 

f:id:kinoko36:20180821120333j:plain

 

 

 

 

深夜特急 1〜6巻/沢木耕太郎

アパートの部屋を整理し、机の引き出しに転がっている1円硬貨までかき集め、千五百ドルのトラベラーズ・チェックと四百ドルの現金を作ると、私は仕事のすべてを放擲して旅に出た。

やっぱりな、と思われた方も多いかも(笑)

ジャパニーズ・バックパッカーのバイブル的な本。

海外に行ったことがないという人に「おすすめの本は?」と聞かれたら必ずこれをおすすめしています。

筆者の沢木耕太郎さんが経験した旅をもとに描かれた物語。

香港〜ロンドンまで、安宿に泊まりながらのほぼバス移動。ネットも無く、出会う旅人からの情報だけが頼りになる時代。

主人公と同じような旅は難しいと思いますが、すぐさまバックに荷物を詰め込んで、飛行機に飛び乗りたくなるような本です。

 

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 

 

 

ガンジス河でバタフライ/たかのてるこ

堂々と胸を張って「趣味は旅だ」と言うには、せめて2回は旅に出たことがないとマズいんじゃないか?そうなると、就職活動を始める前に、何が何でも旅立っておかなければ!

〔中略〕

面接試験で、「この春は、ガンジス河でバタフライをしてきました!」と言って強靭な肉体をアピールすれば、面接官にも「うーむ、並外れたガッツのあるヤツだ」と思われるに違いないという下心もあった。

 

筆者のたかのてるこさんは、就職の面接で「ガンジス河でバタフライをしてきました」と言いたいという理由から、インド旅を決意。

この時点で、尊敬の眼差し。こんな発想、自分の就活前には無かったなあ。すごい。

旅行記(特に挑戦的なもの)って、たいてい男性の話が多い気がするから、筆者が女性ってだけで勝手に親近感を持って読ませていただきました。

読んだ後には、ガンジス河に飛び込みたくなること間違いなし!

 

ガンジス河でバタフライ (幻冬舎文庫)

ガンジス河でバタフライ (幻冬舎文庫)

 

 

 

女子が旅に出る理由/TABIPPO

これは、メンバー全員が世界一周経験者という団体「TABIPPO」(2014年4月に株式会社へ)から出ている本。

14人の女性の体験記が載っています。あと旅に役立つ情報なんかも。

女性ならではの悩みや、旅の準備、おすすめの国なんかもまとめてあります。

「海外に行くことを悩んでるそこの女子!とりあえずこれ読も!」

 

女子が旅に出る理由

女子が旅に出る理由

 

 

 

僕らはまだ、世界を1ミリも知らない/太田英基

世界を教養として旅する一冊 

僕は旅人だった。

でも、ジャケットやネクタイをバックパックに詰め込み、世界を巡っていた。

 

〔中略〕

本当は、この本を読むすべての人にも世界一周に飛び出してもらいたいぐらいだが、それが簡単ではないことは理解している。だから、この本を通してできる限り共有したい。

僕の旅の経験を通して、世界を教養として旅してもらえたならば本望だ。

この本は、2年で50カ国を回った、起業家の太田さんの世界一周の記録。

起業家ならではの考え方や、国の味方なんかが書いてあって、なかなかないジャンルの旅行記だと思います。

自分の考える世界一周は「経験すること」がメインだけど、ビジネスの部分を考えながら世界を見て回るのも面白そう!

 

僕らはまだ、世界を1ミリも知らない

僕らはまだ、世界を1ミリも知らない

 

 

 世界の絶景さんぽ/H.I.S

総合旅行会社H.I.Sの社員の絶景体験をまとめた本。

絶景の写真はもちろん、食べ物や映画・アニメの舞台も説明してくれています。

そしてこの本の特徴は、何と言っても行き方・料金・寄り道ガイド。

最短日数から最低金額、ベストシーズンが載っていて、とっても参考になります!

海外だけでなく国内の絶景も紹介しているので、 海外はちょっと…って思っている方も行きたい絶景に巡り会えること間違いなし!

もちろん、絶景写真を眺めているだけでも癒されます。

世界の絶景さんぽ

世界の絶景さんぽ

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

少しでも興味がある本があったら、読んで見て欲しいです。

 

私は、普段から色んなジャンルの本を読むのですが、今回は”旅に関する本”を紹介させていただきました。

ちなみに今読んでいるのは、「ロビンソン・クルーソー」。

またおすすめの本があったら、紹介していきたいです。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ランキングに参加していますので、クリックしていただけると嬉しいです!